FC2ブログ

  BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > Intel 14nmプロセスの開発状況  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel 14nmプロセスの開発状況

2011 - 12/09 [Fri] - 11:00

Intel's Pat Bliemer - 14nm running in the lab [Exclusive](NordicHardware)
Intel Has 14 nm Test Circuits In The Lab, Limited Teaser Info Released(techPowerUp!)

Intel北欧のManaging DirectorであるPat Bliemer氏によるとIntelは既に14nmプロセスのチップを完成させ、ラボで動作させているようだ。同氏によれば、14nmプロセスはこれまでに無く複雑なものであるが、Intelは現在のロードマップを守ることが出来るという。
 
Intelは32nmプロセスを最初に量産化した半導体製造メーカーであり、さらに来年第1四半期末までには22nmプロセスTri-Gate transistorを使用した“IvyBridge”の製造が開始される。

「(14nmプロセスに)課題がないとは言わないし、小さく製造するためにより複雑なものになったことは否定しない。だがArchitecturel point of viewからも来た我々のR&Dはこの製造プロセスを1つの会社の中で開発している。これはIntel独自の形態だ。こうすることで我々はこれらのチームと非常に密接に仕事が出来る。むしろ、製造プロセスを開発する者、設計を担当する者、これらは1つのチームと言ってもよい」

Intelは22nmプロセスの製造をまもなく開始するだけでなく、既にその次の製造プロセスに関してもラボでの開発を着々と進めている。22nmプロセスの次の製造プロセスはIntelは14nmプロセスであると説明しており、この14nmプロセスの動作をラボで行っているという。

「詳しいことはまだ明かせないが、我々は既にラボで22nmプロセスの次の世代の製造プロセスを走らせており、実際に14nmプロセスのチップを試作した」

Pat Bliemer氏曰く、Tick-Tock戦略は計画通りに進んでおり、今後製造プロセスのシュリンクを進めるだけでなく、トランジスタの設計において新たなソリューションを導入していくとした。22nmプロセスではTri-gateトランジスタが導入され、大きなアドバンテージをもたらしたが、14nmプロセスにおいてもこれを最大限生かすという。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!


スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。