BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > OEM向けのMobile用“IvyBridge”の4-coreモデルは3種類  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OEM向けのMobile用“IvyBridge”の4-coreモデルは3種類

2011 - 12/15 [Thu] - 11:00

Details of embedded and OEM mobile Ivy Bridge CPUs(CPU World)
Exclusive: Mobile quad core OEM Ivy Bridge processors unveiled(VR-Zone)

1週間ほど前に“IvyBridge”のMobile向けのラインナップが明らかになった。だがこれにはいくつか抜けているモデルがあると思われる。特に“IvyBridge”世代で登場すると言われていた4-coreのTDP35Wモデルは先日明らかになったラインナップには含まれていなかった。VR-ZoneではOEM向けのMobile用4-core“IvyBridge”の情報を入手することが出来た。これらのCPUはIntelの公式プライスリストには掲載されないものである。
 
今回明らかになった“IvyBridge”の4-coreモデルは位置づけとしては現行の“SandyBridge”の下位4-coreモデル―Core i7 2630QMやi7 2675QMのようなものである。これらは大手メーカーのノートPCでしばしば搭載されている。
今回OEM向けの4-core“IvyBridge”として明らかになったのはCore i7 3615QM, i7 3612QM, i7 3610QMである。これらの共通スペックとして4-core/8-thread、L3=6MB、Dual-channel DDR3-1600対応、GPUのベース周波数が650MHzであることが挙げられる。


何にせよこの3種の命名はやや複雑であり、モデルナンバーからスペックを推測するのは困難となっている。1つ1つスペックを見ていくとまずCore i7 3615QMの周波数が定格2.30GHz/Turbo時3.30GHzである。またCore i7 3610QMもi7 3615QMと同じ周波数(定格2.30GHz/Turbo時3.30GHz)となっている。残るCore i7 3612QMは定格2.10GHz/Turbo時3.10GHzとなっている。
これらのTDPについては明らかになっていない。


以下にスペックを掲載します。

Core i7 / i5(IvyBridge / 22nm / Mobile)
コア数
スレッド数
定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
EU数GPU周波数
Core i7
3920XM
4-core
8-thread
2.90GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
55W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1300MHz
Core i7
3820QM
4-core
8-thread
2.70GHz
TB 3.70GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i7
3720QM
4-core
8-thread
2.60GHz
TB 3.60GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/4
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i7
3615QM
4-core
8-thread
2.30GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012
OEM
HD graphics 4000
**650MHz
****MHz
Core i7
3612QM
4-core
8-thread
2.10GHz
TB 3.10GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012
OEM
HD graphics 4000
**650MHz
****MHz
Core i7
3610QM
4-core
8-thread
2.30GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012
OEM
HD graphics 4000
**650MHz
****MHz
Core i7
3520M
2-core
4-thread
2.90GHz
TB 3.60GHz
L2=256kB x2
L3=4MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1250MHz
Core i5
3360M
2-core
4-thread
2.80GHz
TB 3.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1200MHz
Core i5
3320M
2-core
4-thread
2.60GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**650MHz
1200MHz
Core i7
3667U
2-core
4-thread
2.00GHz
TB 3.20GHz
L2=256kB x2
L3=4MB
17W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**350MHz
1150MHz
Core i5
3427U
2-core
4-thread
1.80GHz
TB 2.80GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
17W2ch
DDR3-1600
DDR3L-1333
2012/5
HD graphics 4000
**350MHz
1150MHz





オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。