BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 「LIFEBOOK」春モデル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LIFEBOOK」春モデル

2012 - 01/15 [Sun] - 18:00

LIFEBOOK SH76/G

1月19日より順次発売

価格:オープンプライス



 富士通株式会社は、ノートPC「LIFEBOOK」シリーズの2012年春モデルを1月19日より順次発売する。価格はオープンプライス。

 今回は2011秋冬から大幅なモデルチェンジは無く、スペック面の強化が主な変更点。17型の「LIFEBOOK NH」、11.6型の「LIFEBOOK PH」は2011年秋冬モデルを継続する。12.1型のLIFEBOOK PHは店頭モデルがなくなるが、モバイルマルチベイや通常電圧版CPUを採用する直販モデルは継続販売される。

●13.3型「LIFEBOOK SH」

 薄型軽量の13.3型モバイルノート「LIFEBOOK SH」シリーズは、「SH76/G」を2月9日、「SH54/G」を1月19日に発売する。CPUなどが強化された。

 上位モデルのSH76/Gは、薄型軽量タイプの液晶、Core i5-2450M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載し、店頭予想価格は17万円前後の見込み。バッテリ駆動時間は約12.9時間。本体サイズは316×223×16.6~23.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.34kg。

 下位モデルのSH54/Gは、Core i3-2350M(2.30GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載し、店頭予想価格は15万円前後の見込み。今回は下位モデルもSSD標準搭載になった。バッテリ駆動時間は約13.7時間。本体サイズは316×223×17.4~24mm(同)、重量は約1.5kg。

SH54/G ブラック、ホワイト、レッド

 そのほかの仕様はほぼ共通で、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel HM65 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、ExpressCard/34スロット、SDカードスロット、30万画素Webカメラ、指紋センサー、音声入出力などを備える。

●10.1型「LIFEBOOK MH」

 10.1型ネットブック「LIFEBOOK MH」シリーズは、「MH30/G」の1モデル3色を2月23日より発売する。店頭予想価格は5万円強の見込み。

 大容量バッテリを標準搭載することで駆動時間が約11.4時間に向上。また、HDD容量も強化された。

LIFEBOOK MH ブラック、ホワイト、レッド

 主な仕様は、Atom N475(1.83GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ1GB、HDD 320GB、Intel NM10 Expressチップセット、1,024×600ドット表示対応10.1型ワイド液晶、Windows 7 Starter(SP1)、Office Personal 2010 2年間ライセンス版を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、WiMAX、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、30万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは266×196.5×27.5~33mm(同)、重量は約1.29kg。

●15.6型「LIFEBOOK AH」

 15.6型ノート「LIFEBOOK AH」シリーズは5モデルを発売。内訳はクアッドコアCore i7の上位機が2モデル、Core i5のメインストリームが1モデル、Pentiumのエントリー機が1モデル、TVチューナ付きが1モデル。

AH77/G ブラック、ホワイト、レッド

 ハイエンドの「AH77/G」は、Core i7-2670QM(2.20GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、HDD 750GB、Intel HM65 Expressチップセット、BDXLドライブ、1,366×768ドット表示対応15.6型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010、大容量バッテリなどを搭載し、店頭予想価格は19万円前後の見込み。発売は1月19日。

 「AH52/GA」は、無線LAN経由でTVが見られる長時間録画対応3波チューナ「ワイヤレスTV」付属。Pentium B960(2.20GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 640GB、BDXLドライブなどを搭載。無線LANはTV用に5GHz帯に対応するほか、「ゼロワットACアダプタ」が標準添付される。店頭予想価格は17万円強の見込み。発売は2月3日。

AH52/GA ブラック、ホワイト

 エントリーモデルの「AH42/G」は、Pentium B960、メモリ4GB、HDD 640GB、DVDスーパーマルチドライブなどを搭載し、店頭予想価格は12万円前後の見込み。発売は2月23日。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!


スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。