BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 日本HP、デスクトップPCを春モデルにアップデート  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本HP、デスクトップPCを春モデルにアップデート

2012 - 01/21 [Sat] - 11:00

「Pavilion Desktop h8」(ディスプレイは別売)

発売中
価格:BTO



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、デスクトップPCの2012年春モデルを発表した。

 今回のモデルチェンジでは、CPUやHDD、メモリなどの基本機能の強化が中心。また、タワー型PCと組み合わされるコンシューマ用液晶ディスプレイはすべてLEDバックライトとなり省電力化が進んだ。

 BTOでは選択肢が増えたほか、HDDのパーティション分割が指定可能となった。ただし、3,150円の有料オプションとなる。

 また、TVチューナ内蔵モデルでは、超長時間圧縮モードの録画時間が実時間の10倍から15倍になった。2TB HDDで約3,000時間の録画ができるとしている。視聴時や録画時のCPU負荷も最大65%軽くなったという。

 ここでは、新筐体および、仕様変更が大きかった製品を紹介する。

●AMD 970チップセットになった「h8」

 タワー型PCの「Pavilion Desktop h8」は、AMDモデルとIntelモデルが用意される。

 直販専用のAMDモデルは、従来のAMD 785Gチップセットから、AMD 970チップセットに変更された。CPUは、FX-6100(3.30GHz、6コア)とFX-8120(3.10GHz、8コア)が用意される。h9と同じチップセットだが、こちらは6コアCPUとの組み合わせもある。

 また、h9同様にMicron製の6Gbps対応256GB SSDがBTOで用意される。最小構成価格は59,850円から。

●新筐体の「p6」
「Pavilion Desktop p6」(ディスプレイは別売)

 ミニタワーの「p6」は、冬モデルのp7の後継機として位置づけられており、シンプルなデザインの新筐体を採用した。直販モデルの最小構成価格は29,820円。p6はs5とともに一般ユーザー向けの製品として用意されており、ゲームユーザーをはじめとするエキスパート向けのh9/h8とは異なるデザイン指向となっている。

 チップセットはIntel H61で、Celeron G440(1.60GHz)から幅広い選択肢が用意される。

 量販店モデルは、8万円前後からで、Core i5-2400(3.10GHz)、1TB HDDなど一般的な仕様となっている。


●3Dディスプレイ「2311gt」
専用グラスが2つ付属する「2311gt」

 「2311gt」は23型の液晶ディスプレイで、偏光フィルム式の3D表示に対応する。専用グラスが2個付属し、複数人での視聴に対応する。直販価格は24,990円。

 解像度は1,920×1,080ドット。入力はミニD-Sub15ピン、DVI-D、HDMI(HDCP対応)の3系統。


●1万円を切る20型ディスプレイ「W2072a」
ノングレア液晶の「W2072a」

 直販価格が1万円を切る20型ディスプレイは、以前から用意されていたが、今回バックライトがLEDとなり、省電力化が進んだ。直販価格は9,870円。

 液晶はノングレアタイプで、解像度は1,600×900ドット。ミニD-Sub15ピンとDVI-D端子を備える。スピーカーも内蔵される。


●東京生産になった「TouchSmart 520」
量販店モデルも東京生産になった「TouchSmart 520」

 TouchSmart 520は、冬モデルでも一部モデルは東京工場で生産されていたが、春モデルからは、量販店モデルも含めて、すべて東京生産となった。

 量販店での店頭予想価格は15万円前後から。直販モデルの直販価格は69,930円から。

 なお、横方向に仮想デスクトップを拡大するHPオリジナルソフト「マジック・キャンバス」は、液晶一体型全モデルに標準装備されるようになった。


●ノングレア液晶一体型の「Omni」が実用的な仕様に
「Omni PC 120」 ホワイトブラック

 液晶一体型では珍しくノングレアタイプの液晶を搭載するOmniは、他社にはない特色のあるシリーズだ。量販店モデルの「Omni PC 120」シリーズは、20型1,600×900ドット液晶を搭載する。店頭予想価格は9万円前後。

 従来は、2GBメモリ/500GB HDDと現状では最低限の仕様となっていたが、春モデルからメモリ4GB/1TB HDDに強化され、出荷時の仕様で実用的に使える構成となった。

 主な仕様は、Pentium G630(2.70GHz)、Intel H61 Expressチップセット、4GBメモリ、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、IEEE 802.11 b/g/n無線LANなど。OSはWindows 7 Home Premium 64bit、OfficeはPersonal 2010 SP1。




オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!


スポンサーサイト

 | HOME | 

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。