BTOパソコン紹介サイトのナビゲーター   トップページ >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i7-3820を搭載したゲーミングBTO

2012 - 02/19 [Sun] - 11:00

全国でTWOTOPを展開する株式会社ユニットコム(本社:大阪市浪速区)は2012年2月15日、TWOTOPブランドより、Intel Core i7-3820を搭載したゲーミングBTO「ViP G-Spec i73820X79/GTX560Ti」および「ViP G-Spec i73820X79/GTX570」を発表した。


■ケースにAntec「ONEHUNDRED」を採用したゲーミングBTO

ViP G-Spec i73820X79/GTX560Ti
基本構成売価税込109,800円(発売中)
http://www.twotop.co.jp/pc_details/?j=2100001092665&pd=0
ViP G-Spec i73820X79/GTX570
基本構成売価税込134,800円(発売中)
http://www.twotop.co.jp/pc_details/?j=2100001092757&pd=0

 TWOTOPのゲーミングBTO「VIP G-spec」シリーズにIntel Core i7-3820(4コア/8スレッド/3.2GHz/TB時3.9GHz/L3キャッシュ10MB)搭載モデルが新たに追加された。ケースはリア120mm/トップ140mmの2基のファンとフロントメッシュ構造により、高い冷却性能を実現したAntec「ONEHUNDRED」(サイズ:W197.5×D477×H480.5mm)を採用。高負荷が長時間続くような用途においても安定したパフォーマンスを発揮する。

 「ViP G-Spec i73820X79/GTX560Ti」はグラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 560Ti、メモリDDR3 16GB(PC3-10600/4GB×4)、ストレージにHDD 2TB(SATA3.0/6Gbps)とDVDスーパーマルチドライブを標準装備するベーシックモデル。
 電源ユニットにはHEC「Win+Power3 700W(HEC-700TB-2WK) 」(700W/80PLUS BRONZE認証)を備え、OSにはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版がプリインストールされる。

ViP G-Spec i73820X79/GTX560Ti 基本構成
CPUIntel 「Core i7-3820」
(4コア/8スレッド/3.2GHz/TB時3.9GHz/L3キャッシュ10MB)
チップセットIntel X79 Express
メモリDDR3 16GB(PC3-10600 4GB×4)
HDD2TB SATA3(6bps)
VGANVIDIA GeForce GTX 560Ti 1GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
LANギガビットLAN
サウンドオンボードHDサウンド
電源ユニットHEC「Win+Power3 700W」(700W/80PLUS BRONZE認証)
PCケースAntec「ONEHUNDRED」
外形寸法W197.5×D477×H480.5mm
モニタオプション
キーボードUSB日本語キーボード
マウスUSB光学式スクロールマウス
スピーカーオプション
OSWindows 7 Home Premium SP1 64bit
カスタマイズ対応
製品保証1年間

 「ViP G-Spec i73820X79/GTX570」はグラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 570、メモリDDR3 16GB(PC3-10600/4GB×4)、ストレージにHDD 2TB(SATA3.0/6Gbps)と書込対応Blu-rayドライブを装備する上位モデル。
 電源ユニットはScythe「RAGE POWER EPS-1270」(700W/80PLUS SILVER認証)を搭載し、OSはWindows 7 Professional SP1 64bit版がプリインストールされる。

ViP G-Spec i73820X79/GTX570 基本構成
CPUIntel 「Core i7-3820」
(4コア/8スレッド/3.2GHz/TB時3.9GHz/L3キャッシュ10MB)
チップセットIntel X79 Express
メモリDDR3 16GB(PC3-10600 4GB×4)
HDD2TB SATA3(6bps)
VGANVIDIA GeForce GTX 570 1280MB
光学ドライブ書込対応Blu-rayドライブ
LANギガビットLAN
サウンドオンボードHDサウンド
電源ユニットScythe「RAGE POWER EPS-1270」(700W/80PLUS SILVER認証)
PCケースAntec「ONEHUNDRED」
外形寸法W197.5×D477×H480.5mm
モニタオプション
キーボードUSB日本語キーボード
マウスUSB光学式スクロールマウス
スピーカーオプション
OSWindows 7 Professional SP1 64bit
カスタマイズ対応
製品保証1年間


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

27型PLS液晶セットのクリエイター向けPC

2012 - 02/18 [Sat] - 11:00

MDV ADVANCE シリーズ

2月17日 発売

価格:169,890円~



 株式会社マウスコンピューターは、日本サムスンの27型PLS液晶「S27A850D」をセットにしたQuadro搭載クリエイター向けPCを2月17日に発売した。

 PLSパネルは、上下/左右ともに178度の広視野角で側面からのコントラスト比がTNやVAのパネルよりも高く、IPSに近い構造を持つ。加えて、IPSよりもバックパネルの透過率を高め、バックライトの電力を抑えられるとしている。S27A850Dは、解像度2,560×1,440ドットのPLSパネルを搭載するハイエンドモデル。詳細は関連記事を参照いただきたい。

 下位モデル「MDV-ASQ8310B-WS-P27LP」は、Core i7-2700K(3.50GHz)、メモリ8GB、HDD 1TB、Intel Z68 Expressチップセット、Quadro 600(1GB)ビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premiumを搭載。S27A850Dセットの価格は169,890円。

 上位モデル「MDV-ASG9300B-WS-P27LP」は、Core i7-3930K(3.20GHz)、メモリ16GB、HDD 1TB、Intel X79 Expressチップセット、Quadro 2000D(1GB)ビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premiumを搭載。S27A850Dセットの価格は239,820円。

 いずれも各種BTOに対応する。本体サイズは190×490×410mm(幅×奥行き×高さ)。

 法人専用モデルも3機種用意される。価格は169,890円から。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

4コア8スレッドCore i7-3820搭載のデスクトップPC 3機種発売開始

2012 - 02/15 [Wed] - 11:00

全国24店舗及びウェブ通販のパソコンショップ「ドスパラ」を運営する株式会社サードウェーブ(本社:東京都千代田区)は2012年2月13日0:01より発売が開始された、Sandy Bridge-E下位モデル「Core i7-3820」(3.6GHz)を搭載するデスクトップPC計3機種について、販売を開始した。


■Sandy Bridge-E下位モデル、4コア8スレッドのCore i7-3820搭載モデル

Prime Galleria TX-e 基本構成売価税込114,980円(発売中)
http://www.dospara.co.jp/
5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&mc=2522&sn=0

Prime Monarch SX-e 基本構成売価税込99,980円(発売中)
http://www.dospara.co.jp/
5shopping/detail_prime.php?tg=2&tc=56&mc=2521&sn=0

Prime Raytrek LC-e Pro 基本構成売価税込149,980円(発売中)
http://www.dospara.co.jp/
5shopping/detail_prime.php?tg=4&tc=316&mc=2545&sn=0

Prime Galleria TX-ePrime Monarch SX-e
Prime Galleria TX-e
Prime Monarch SX-e
Prime Raytrek LC-e Pro

 2012年2月13日0:01より発売が開始された、Sandy Bridge-E下位モデルのIntel Core i7-3820を搭載するデスクトップPCの新製品。Core i7-3820は、4コア/8スレッドのクアッドコアプロセッサで、定格3.60GHz/Hyper-Threading Technology時最大3.90GHz、L2キャッシュ容量256KB×4、L3キャッシュ容量10MB。対応ソケットはLGA2011で、TDPは130Wとされている。

 「Prime Galleria TX-e」(基本構成売価税込114,980円)は、チップセットにIntel X79 Express(ATX)、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 560 Ti 1GBを標準装備。16GB DDR3メモリ、2TB HDD(SATA6Gbps)、DVDスーパーマルチドライブで構成されている。

 「Prime Monarch SX-e」(基本構成売価税込99,980円)は、今回のラインナップ中、最エントリークラスに位置付け、Intel X79 Express(ATX)、NVIDIA GeForce GTX 550 Ti 1GB、8GB DDR3メモリ、1TB HDD(SATA6Gbps)、DVDスーパーマルチドライブを装備する。
 価格ベースでの最上位「Prime Raytrek LC-e Pro」(基本構成売価税込149,980円)は、クリエイター向けPCとして用意され、Intel X79 Express(ATX)、グラフィックスカードにNVIDIA Quadro 600 1GBで構成。メモリもDDR3 32GB(4GB×8)を搭載し、2TB HDD(SATA 6Gbps)、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 なお全モデル共に各種カスタマイズに対応。製品保証は1年間。モニタは別売り。

Prime Galleria TX-e
CPUIntel Core i7-3820
(3.60GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ10MB/HT対応)
チップセットIntel X79 Express(ATX)
メモリDDR3 16GB(PC3-10600/4GB×4)
HDD2TB(SATA3.0)
グラフィックスカードNVIDIA GeForce GTX 560Ti 1GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
LANギガビットLAN
サウンドオンボードHDサウンド
カードリーダーマルチカードリーダー
I/F前面:USB2.0×2
背面:USB3.0×2、USB2.0×6、eSATA×1
PCケースPrimeオリジナルGalleria専用CB-350
電源ユニット750W(DELTA ELECTRONICS/80PLUS)
外形寸法W213×D542×H450mm
重量約14kg
キーボード日本語キーボード
マウスGalleria専用5ボタンレーザーマウス
モニタオプション
OSWindows 7 Home Premium 64bit
製品保証持ち込み1年保証
Prime Monarch SX-e
CPUIntel Core i7-3820
(3.60GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ10MB/HT対応)
チップセットIntel X79 Express(ATX)
メモリDDR3 8GB(PC3-10600/2GB×4)
HDD1TB(SATA3.0)
グラフィックスカードNVIDIA GeForce GTX 550Ti 1GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
LANギガビットLAN
サウンドオンボードHDサウンド
カードリーダーマルチカードリーダー
I/F前面:USB3.0×2、USB2.0×2
背面:USB3.0×2、USB2.0×6、eSATA×1
PCケースPrimeオリジナルGalleria専用S-350
電源ユニット550W(DELTA ELECTRONICS/80PLUS BRONZE)
外形寸法W216×D542×H450mm
重量約13kg
キーボード日本語キーボード
マウスGalleria専用5ボタンレーザーマウス
モニタオプション
OSWindows 7 Home Premium 64bit
製品保証持ち込み1年保証
Prime Raytrek LC-e Pro
CPUIntel Core i7-3820
(3.60GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ10MB/HT対応)
チップセットIntel X79 Express(ATX)
メモリDDR3 32GB(PC3-10600/8GB×4)
HDD2TB(SATA3.0)
グラフィックスカードNVIDIA Quadro 600 1GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
LANギガビットLAN
サウンドオンボードHDサウンド
カードリーダーマルチカードリーダー
I/F前面:USB3.0×2、USB2.0×2
背面:USB3.0×2、USB2.0×6、PS/2×1
PCケースPrimeオリジナルGalleria専用S-350
電源ユニット750W(DELTA ELECTRONICS/80PLUS)
外形寸法W216×D542×H450mm
重量約18.5kg
キーボード日本語キーボード
マウスGalleria専用5ボタンレーザーマウス
モニタオプション
OSWindows 7 Professional 64bit
製品保証持ち込み1年保証


オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

Core i7-3820搭載のデスクトップPC

2012 - 02/14 [Tue] - 11:00

LUV MACHINES i
ディスプレイ別売

発売中
価格:BTO



MDV ADVANCE G
ディスプレイ別売

 株式会社マウスコンピューターは、Core i7-3820(3.60GHz)を搭載したデスクトップPC「LUV MACHINES i」、「MDV ADVANCE G」シリーズを発売した。

 Core i7-3820は4chのメモリコントローラを持つSandy Bridge-E(コードネーム)シリーズの最下位製品で、日本時間の13日から発売となった。上位の3930K(3.2GHz)からコア数を6基から4基に、L3キャッシュを12MBから10MBに減らすなど、低価格化を図った。また、クロック倍率も変更できない。

 microATXベースの「LUV MACHINES i」は、基本構成の違いで2モデルを用意。下位の「Lm-i910E」は、メモリ8GB、GeForce GTX 550 Ti(1GB)ビデオカードなどを装備し、価格は89,880円。

 上位の「Lm-i910B」は、メモリを16GB、ビデオカードをGeForce GTX 560(1GB)に変更し、価格は99,750円。

 空きスロットはPCI Express x16×1、同x1×1。本体サイズは180×382×373mm(幅×奥行き×高さ)。搭載電源はi910Eが500W、i910Bが80PLUS GOLD認証の700W。

 ATXベースの「MDV ADVANCE G」は「MDV-AGG9300E」の1モデルを用意。メモリ16GB、GeForce GTX 560ビデオカードなどの構成で、価格は99,750円。

 空きスロットはPCI Express x16×2、同x1×3。本体サイズは190×490×410mm(同)。搭載電源は80PLUS GOLD認証の700W。

 3製品共通で、CPUはCore i7-3820、Intel X79 Expressチップセット、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Home Premium(64bit/SP1)などを搭載する。

 インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×8、DVI×2、Gigabit Ethernet、PS/2×、音声入出力などを備える。


●G-Tuneブランドも3機種発売

 このほか、ゲーミング向けPCブランド「G-Tune」シリーズでもCore i7-3820搭載3機種を発売した。

 「NEXTGEAR-MICRO im820BA2」は、メモリ8GB、500GB HDD、GeForce GTX 560ビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Home Premium(64bit/SP1)などを搭載し、価格は99,750円。

 「NEXTGEAR i820GA2」は、メモリ16GB、1TB HDD、GeForce GTX 580ビデオカード(1.5GB)、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Professional(64bit/SP1)などを搭載し、価格は129,850円。

 「MASTERPIECE i1540GA2」は、メモリ16GB、1TB HDD、GeForce GTX 580ビデオカード×2(SLI構成)、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Professional(64bit/SP1)などを搭載し、価格は219,870円。

NEXTGEAR-MICRO im820BA2
ディスプレイ別売
NEXTGEAR i820GA2
ディスプレイ別売
MASTERPIECE i1540GA2
ディスプレイ別売



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

Intel 520 SSD搭載のデスクトップPC

2012 - 02/08 [Wed] - 11:00

MDV ADVANCE

発売中
価格:BTO



 株式会社マウスコンピューターは、Inte 520 SSDを搭載したデスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズ3モデルを発売した。

 Intel 520 SSDシリーズは、Intelが6日(現地時間)に発表したSATA 6Gbps対応のクライアント向けSSD。従来のIntel 510はコントローラにMarvellを採用していたが、新製品はSandForceとなった。MDV ADVANCEシリーズではBTOに対応し、各種カスタマイズが可能。標準構成の違いで3モデルが用意される。

 「MDV-ASG8 310B-SSD」は、CPUにCore i7-2700K(3.50GHz)、メモリ8GB、Intel Z68 Expressチップセット、GeForce GTX 550 Ti(1GB)ビデオカード、120GB SSD+1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows 7 Home Premium(64bit/SP1)などを搭載し、価格は99,750円。

 「MDV-ASG8 250B」は、上記からSSDとHDDをIntel SRT構成とし、ビデオカードをGeForce GTX 560 Ti(1GB)に変更。価格は109,830円。

 「MDV-AGG9 320S-SSD」は、Core i7-3930K(3.20GHz)、メモリ16GB、Intel X79 Expressチップセット、GeForce GTX 570(1,280MB)、120GB SSD+1TB HDD、BDドライブ、OSにWindows 7 Home Premium(同)を搭載し、価格は159,600円。

 インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×8~10、Gigabit Ethernet、DVI×2、音声入出力などを備える。

 本体サイズは190×490×410mm(幅×奥行き×高さ)。



オススメBTOパソコンは・・・
Sycom ドスパラ レイン TWOTOP フェイス マウスコンピューター パソコン工房

オススメパーツショップは・・・
PC 1’s クレバリー ドスパラ TWOTOP フェイス


ランキング投票をお願いします!

« | HOME |  »

BTOってなに?

BTOとは・・・ (Build to Order)の略です。 パソコンの構成をカスタマイズして注文できる方式です。 最近はほとんどのパソコンメーカーやパソコンショップで BTOパソコンが販売されています。

BTOパソコンの選び方

BTOパソコンを選ぶにしても何を基準にすればいいのか分かりませんよね?
ここではBTOパソコンを選ぶ時のポイントなどを説明しています。

1.PCでやりたい事を決めよう
2.購入予算を設定しよう
3.ショップ・メーカーの決め方
4.カスタマイズのポイント
5.気をつけないといけないこと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。